×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

特許申請の考察|東京の国際特許事務所

特許申請に対する主婦の考察を纏めております。主婦の視点から見た、特許申請とは

記事一覧

特許申請に必要な書類、「特許請求の範囲」って何?

特許申請をしたときに、必要な書類が全て揃っていないと特許の価値を審査してもらう前に門前払いされてしまうようです。
法的な書類ですから記載方法などなかなか難しいですよね。
弁理士などに依頼せずに自分で特許申請しようと思っている方は、ネットなどで記載例や作成方法などをリサーチしながらでも作成できそうなので頑張ってみましょう。
 
特許申請に必要な書類を特許庁の公式サイトで調べてみたところ、
・特許申請の願書
・明細書
・特許請求の範囲
・要約書
・図面
などが必要になるようです。
このうち図面は任意なようですが、図面が必要な場合にはやっぱり図面も提出した方が良いですよね。
 
特許申請に必要な書類は記載例がないと分かりづらいものも多いですし、フォーマットが決まっていない場合には書類作成自体がすごく難しそうですよね。
その中でも特に分かりづらい書類が「特許請求の範囲」なのかもしれません。
「特許請求の範囲」は分かりやすく言うと、発明した技術のうち、どこからどこまでを特許として今回権利化するか、という具体的な線引きの事なのだそうです。
 
例えば、ずっと以前にあなたが特許を取得した技術があったと仮定してみましょう。
あなたの特許の周辺の技術を改善したりアップグレードしたりしながら第3者が製品化しようとする可能性は十分考えられますよね。
その時に、あなたが以前に許可された特許の範囲がきちんと線引きされていないと、第3者が製品化する際にあなたの特許権を侵害していないかどうか判断するのに迷ってしまいます。
それを防ぐのも「特許請求の範囲」の一つの役割なのだそうです。


特許申請関連リンク
その他リンク

SEO対策とはGoogle SEOYahoo SEOBing SEOSEOブログキーワードSEOSEOとはSEO対策検索SEOSEO会社SEO激安SEO低価格検索エンジン登録代行SEOコンサルティング鳩よけ鳥よけ防鳥対策