×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

特許申請の考察|東京の国際特許事務所

特許申請に対する主婦の考察を纏めております。主婦の視点から見た、特許申請とは

記事一覧

特許申請の合否はいつ分かるの?

特許申請をしてから、その申請が特許として認められるかどうか結果が分かるまでには、とても長い時間がかかる事が多いようです。
なんだか受験結果を待つ受験生のような気分で毎日を過ごさなければいけないのって大変な気もしてしまいます。
 
特許として申請されている数はとても多いので、特許申請前のみではなく審査請求手続きをするまでの間にも、できれば過去にされた特許申請と重複していないかを調査したほうがよいのかもしれません。
 
特許申請をしてから審査請求手続きをするまでの期間は3年間もらえるようです。
特許庁に審査請求手続きをする時には費用が約20万円もかかるようですから、先行調査をして結果があらかじめ分かれば、個人や中小企業などにとっては無駄な出費を省く事もできますものね。
もちろん申請前に先行調査をすることのほうがより大事なのは言うまでもないことですよね。
 
特許申請の審査請求の手続きをしたら、原則、申請された順番で審査が行なわれるようです。
その結果はメールでもなく電話でもなく、きちんと郵送などで知らせてくれるらしいので、電話の前でドキドキしながら待つ必要はありませんよね。
特許が認められると判断されたら、特許査定という書類が送られてきて、特許が許可されないと判断された場合には拒絶理由通知書という書類が送られてくるようです。
1回目の結果がわかるまでに、通常は審査請求の手続きをしてから2,3年ぐらいかかっちゃうようですね。
 
特許が許可されないと判断された場合には、なぜダメだったのか拒絶理由通知書に具体的な理由が記載されているようですし、その結果に不服がある場合には補正書、意見書などを提出して反論する事もできるそうです。
特許申請者に反論の機会が与えられる事は嬉しいですね。


特許申請関連リンク
その他リンク

SEO対策とはGoogle SEOYahoo SEOBing SEOSEO業者SEO会社ホームページ制作 会社ホームページ制作 格安ホームページ作成 格安Yahoo SEOSEO格安SEO格安SEO会社Yahoo SEO真我本当の自分与野 歯医者