×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

特許申請の考察|東京の国際特許事務所

特許申請に対する主婦の考察を纏めております。主婦の視点から見た、特許申請とは

記事一覧

特許無効審判ってなに?

特許申請には気が遠くなるような作業や手間、そして時間や費用がかかる事もたくさんありそうですよね。
ですから、苦労の甲斐あって特許が認められたときには本当に嬉しい気持ちで一杯になってしまいますよね~。
 
でも、特許申請がようやく許可されて特許権をゲットしても、それで全てが万事よしと言うわけではないみたいです。
 
特許申請の審査は、特許庁に勤務していて、専門的な技術知識を持っている審査官によって行われているようです。
それに、審査も時間をかけて行われるようなので、審査ミスと言うことはあまりないのかもしれませんが、それでもやっぱり人間が行なう審査の作業の中には、もしかしたらミスがあるかもしれませんよね。
 
もしかしたら、以前あなたが許可された特許や知っている特許とほとんど同じようなアイデアや技術が、審査ミスによって再び他人に特許として許可されたりしたら、あなたが被害をこうむる可能性もありますよね。
企業だったら信用問題にもなってしまうかもしれません。
 
自分が持っている特許や知っている特許などと同じような技術やアイデアが再び他人に特許として許可されてしまった場合などには、特許無効審判を請求する事ができるようです。
特許無効審判は、すでに許可された特許を無効にするための審判で、昔は利害関係にある人でなければ請求できないと言うルールがあったようですが、今は、原則、利害関係のない第3者があなたのために特許無効審判を請求する事もできるのだそうです。
 
特許無効審判で特許が無効であるとの結果が決まった場合には、原則その特許権ははじめからなかったものとみなされてしまうそうです。
特許って取得した後でもいろいろな手間がかかる事もあるんですね。


特許申請関連リンク
その他リンク

SEO対策とはGoogle SEOYahoo SEOBing SEO還暦祝い米寿祝い出産祝い出産内祝い即日融資低金利ローンおまとめローンリビングボードテレビスタンド