×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

特許申請の考察|東京の国際特許事務所

特許申請に対する主婦の考察を纏めております。主婦の視点から見た、特許申請とは

記事一覧

特許申請の審査って何?

特許を取得するまでには、特許申請の後にさらに手続きが必要になるようです。
そのうちの一つが審査請求手続き。
特許の審査請求手続きはいつ請求するのかというと、特許申請と同時でもいいし、特許申請の日から3年以内なら、特許申請を終えた後に過去の特許を調査しながら過去に同じような技術やアイデアで特許申請されていない事を確認した後に行なってもいいのだそうです。
特許申請を行なったら自動的に審査されると言うわけではないんですね。
 
特許の審査請求手続きは自分自身で行なっても良いですし、特許申請の手続き同様に弁理士に代行してもらっても問題ないそうです。
特許の審査に必要な書類は特許申請の際にすでに全て提出しているわけですから、審査請求手続きは特許申請よりも簡単な手続きで済ませることができそうです。
 
特許の審査は誰が行なうのかというと、これは当然プロの審査官によって行なわれるようです。
特許の審査官は国家公務員の合格者から採用されて、何年か特許庁で審査の事務に従事するなどすると正式に審査官になれるのだとか。
 
特許の審査は2段階あって、まず最初に行なわれる方式審査の後に、実体審査が行なわれるそうです。
最初の審査では提出された書類が書式に沿っているかどうかの方式的な審査が行なわれるらしく、その審査にパスした特許申請のみが次の審査に進む事ができるのだそうです。
 
2番目の審査は専門的な技術的知識を持っている審査官によって行なわれる実体審査で、二つの審査にパスした特許申請のみが特許権として許可されるのだそうですよ。
特許取得までの道のりってやっぱり長く、大変ですね。


特許申請関連リンク
その他リンク

SEO対策とはGoogle SEOYahoo SEOBing SEOSEO費用検索エンジン最適化検索エンジン対策検索上位上位表示被リンクバックリンクSEOツールSEO東京SEOコンサルタント悟り瞑想悟りを開く